家具選びのポイント TOP > 失敗しない家具選び > 部屋を広く見せる家具の選び方・配置の仕方

部屋を広く見せる家具の選び方・配置の仕方

狭い部屋をできるだけ広く見せたいとはだれもが思うことではないでしょうか。
家具の選び方や配置の仕方を工夫すると、同じ部屋でも広く見せることができます。

色で言えば、白は解放感がありますから、壁やカーペット、ソファーなど、大きい面積を占める家具などを白でまとめると広く感じます。また光を反射して明るい雰囲気にもなりますよ。
また、壁が白でなくても、壁と家具を同系色にすると、壁や床と家具がなじんで広く見えます。

柄で言うなら、無地か小さい柄を選びましょう。
特にカーテンやカーペット、ソファーの柄やカバーなどは注意したいところです。

次に、家具の配置についてです。
部屋に入った時に部屋の奥まで視線が通ると部屋が広く感じます。
・家具などで間仕切りをしたい場合は目線より低い家具を選ぶ。
・入口から対角線上(部屋に入って手前になるところ)に家具をまとめて置き、部屋の真ん中には家具をできるだけ置かないようにする。
・遠近法の効果で奥行のある部屋に見えるように、奥に行くほど背の低い家具を置くようにする。
などがポイントです。

他には、
・脚のある家具の方が床がつながって見えるので広く見える。
・窓際に鏡を置くと外の景色が映りこむので広く見える。
などの効果もありますので、工夫して取り入れてみて下さいね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 家具選びのポイント All Rights Reserved.